ネットカジノで利益がでたら税金はかかるの?確定申告は必要?

ネットカジノで得た利益が一定量を越えると、確定申告が必要になる場合があります。

 

しかし確定申告と聞いても、具体的に何をすればいいのかよくわかりませんよね。

 

そこでこの記事では、ネットカジノでの儲けに関して税金を支払わなければいけない場合や、その計算方法、そして手続きに必要な書類をご紹介。

 

「ネットカジノで利益が出たけど、これって確定申告する必要があるのかな?」と悩んでいるあなたに、おすすめです。

 

 

どんなときに、税金を支払わないといけないの?

 

ネットカジノ自体は日本国外のサイトですが、そこで得た利益は日本での税金徴収対象になります。

 

ネットカジノで得た利益の区分は「一時所得」。

 

その中でも、ネットカジノで得た利益は「懸賞や福引きの賞金品」にあたります。

 

ちなみに他に一時所得に当たるものは、生命保険の一時金や法人から贈与された金品など、です。

 

ネットカジノで得た報酬に関して、税金を支払わないといけない場合は以下の二つあります。

 

  • ネットカジノでの一年間の勝ち金合計が50万円以上となった場合
  • あなたが会社員で、給与以外に20万以上の収入があった場合

 

ちなみにネットカジノ以外にも、競馬・競輪などで得た利益も「懸賞や福引きの賞金品」に当たります。

 

ここで「競馬・競輪で儲けたけれど、確定申告なんてした覚えがない」という方もいるかもしれません。

 

しかし競馬・競輪とネットカジノには、明確な違いが一つあります。

 

それは、現金が手渡しされる競馬などと違い、オンラインカジノの報酬は銀行を介して支払われる、という点です。

 

つまり帳簿の記録が銀行に残るため、税務署が追跡をしやすいのです。

 

もし税金を支払わなかったことがわかれば、面倒なことになるのは明らかですよね。

 

そのため、ネットカジノに関しては確定申告が推奨されています。

 

ネットカジノの税金の計算方法とは?

 

ネットカジノで得た報酬の区分は「一時所得」。ですので、その報酬にかかる税金は所得税となります。

 

所得税を計算するためには、一時所得の金額を知る必要があります。そしてその一時所得は、以下の計算によって導かれます。

 

一時所得=総収入−総支出−特別控除額(最高50万円)

 

 

ここで注意したいのが、ネットカジノでの負けは支出額とみなされない、という点です。

 

 

例えば、以下のようにネットカジノで利益や損失が発生したとします。

 

1/14 10万円を賭けて、60万円獲得。→50万円の利益
2/23 10万円を賭けて、5万円獲得→5万円の損失
3/8  5万円を賭けて、25万円獲得→20万円の利益

 

 

このとき、一時所得は以下のように導かれます。
一時所得=(50万 + 20万)- 総支出額 (10万 + 5万)- 特別控除額 =5万

 

 

特に注意するべきは総支出額。総支出額とみなされるお金は、利益が出たときの支出金額のみなんです。

 

つまりこの場合、2月23日の10万円は、支出とはみなされません。

 

したがって一時所得は、5万円となります。

 

一時所得にかかる所得税の計算方法も、少々複雑です。

 

納める税額は、一時所得の1/2の金額と他の所得の合計、つまり総所得金額から求められます。

 

一時所得は、こまめに計算しておくのをおすすめします。というのも、貯めてから一気にやろうとすると、どの支出が利益を出したのか、わかりにくくなってしまうためです。

 

 

ネットカジノの確定申告はどうやって行うの?

 

最後に、ネットカジノで発生した税金の確定申告の手続きに関してご紹介します。

 

確定申告の対象となる報酬は、報酬が発生した年の1月1日から12月31日。

 

そして確定申告をする期間は、報酬が発生した翌年の2月16日~3月15日です。

 

つまり2018年1月1日?12月31日に50万円以上の勝ち金を得た場合、2019年の2月16日~3月15日に確定申告をする必要があります。

 

確定申告に必要な書類は、以下の3種類です。

 

  1. 源泉徴収票(年末年始ごろ、企業から受け取る)
  2. 支払い調書(年末年始ごろ、ネットカジノから受け取る)
  3. 経費の領収書やレシート(所得が300万円以下の場合は不要。)

 

あなたが会社員である場合、注意していただきたいのが確定申告書の書き方。

 

確定申告書の【給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法】という欄にある【普通徴収】にチェックを入れるのを忘れないようにしてください。

 

というのも【普通徴収】にチェックを入れないと、郵便物が会社に届いてしまうためです。

 

もしあなたが勤めている会社が副業を禁止していたら、問題になるかもしれませんよね。

 

【普通徴収】にチェックを入れれば、住宅税徴収票が自宅に届くようになります。

 

会社にお勤めの方は、必ずチェックを入れるようにしてください。

 

その他、わからないことがある場合は税務署に問い合わせるのがおすすめです。

 

丁寧に対応してくださいますし、何より確実な確定申告と納税の仕方を教えてくれますよ。

 

早めに動いて、きちんと確定申告を!

 

ネットカジノで得た利益に関して、確定申告するべき場合や所得の計算方法、そして手続きに必要なものをご紹介しました。

 

確定申告そして納税は、報酬を得たら避けては通れないものです。

 

きちんと確定申告をして、脱税などないようにしましょう。

 


このページの先頭へ戻る