ネットカジノって何?

 

まずネットカジノって何?

 

ネットカジノは、インターネットを介してパソコンでいつでもプレイできるカジノゲームのことを言います。ネットカジノが他のゲームと違うところは、実際のお金を賭けてプレイすることができるのです!

 

。。。そんなバカな!

 

と思う人もいるかもしれませんが、これが実は10年以上前から世界中の人が遊んでいて、ヨーロッパやオーストラリア、カナダなどかなりの国では当たり前の娯楽のひとつになっているのです!

 

ネットカジノは、ちゃんとした政府の許可証を持って運営されていたり、運営会社やゲームメーカーがロンドン株式市場で上場していたり、、、

 

知っていましたか?実は、あのサッカーの名門レアルマドリードやマンチェスターユナイテッドはネットカジノ会社がスポンサーしているんです。

 

 

ネットカジノの運営許可について>>

 

プレイするには、まずネットカジノでアカウントを作って、入金してプレイします。勝った場合は、その勝った金額を海外からの銀行振り込みや様々な方法で出金することができます。

 

しかもラスベガスやマカオなどの海外に行かずに、自宅でプレイすることができるんです。

 

実は9−10年ぐらい前からネットカジノの存在を知り、プレイしている日本人プレイヤーがかなりいます。

 

実は雑誌や新聞でも過去に何度も取り上げられています。

 

オンカジでは、そんなネットカジノを知ってもらい、愛してもらい、もっともっと日本でメジャーな娯楽にしていきたいという一心で運営しています。

 

ネットカジノを知ってもらうために様々な記事や動画を準備しているので、ゆっくり読んで、見て、ネットカジノの世界を感じてください!


ネットカジノの歴史

ネットカジノは、1996年に誕生したインターネット上に店舗を持つカジノのことをいいます。

 

カリブ海にうかぶアンティグア・パーブーダという国で、世界で初めてネットカジノライセンスが認可されました。

 

これを受けて、1994年に世界初のネットカジノ用ソフトウェア開発企業としてマイクロゲーミング社が創業し、翌年にはクリプトロジック社やボスメディアら、今日のカジノ業界を支える大手ソフトウェア企業が開発を始めました。

 

こうしたソフトウェアを使用し、1995年に世界初のネットカジノとしてインターカジノとゲーミングクラブが誕生、以降はぞくぞくと様々なカジノが登場します。

 

当初は数十個しかなかったネットカジノサイトは、今では数千個のネットカジノ、ポーカー、ビンゴ、スポーツブックなどのジャンルに分かれたサイトや数百社のソフトウェア開発会社が存在する大規模な市場として発展しています。

 

ライセンスを発行している国も、今では20カ国以上存在しています。

 

こんな大きな業界に関して日本ではあまり聞く機会がないことが不思議ですが、実は今になってはロンドン株式市場やNASDAQで数多くのネットカジノやオンラインギャンブル会社が上場しています。

 

いくつか上場している企業の例を記載します。

 

  • 32Red PLC(32レッドカジノ運営会社)
  • Bwin.Party Digital Entertanment Plc(パーティーカジノ運営会社)
  • 888 Holdings PLC (888カジノ運営会社)
  • Playtech(大手カジノゲームメーカー)
  • Betfair(Befair総合ゲーミングサイト運営会社)

※実はソフトバンクが、Betfairの23%を所有しています。

 

 

さらに、ネットカジノの運営会社は、スポーツチームのスポンサーシップを積極的に行っています。

 

サッカーが好きな人は実は知らない間にネットカジノ会社のロゴを目にしていると思います。

 

 

  • マンチェスターユナイテッド:Betfair
  • レアルマドリード:Bwin.Party Digital Entertanment Plc
  • トッテナム・ホットスパー:Mansion Limited
  • アストン・ヴィラ:32 Red PLC (2006-2008)
  • セビーヤFC:888 Holdings PLC (2006-2008)
  • フラムFC、エドモントン・オイラーズ(NHL)、LAギャラクシーズ(MLS):Bodog

 

 

こんなにもメジャーだったなんて、知らなかった!という人も多いと思います。

 

私も初めてネットカジノに出会ったときは、まさか上場企業がやっているまっとうで整備された業界だとは思いませんでした。

 

実は日本でもかなりの人数がネットカジノをプレイしているということが知られていて、新聞や雑誌で報じられていることも少なくありません。

 

日本からもいつか上場を目指すソフトウェア開発会社など出てくる日が見れるのでしょうか。

ネットカジノの様々な種類

インターネットで実際にお金を賭けて遊べるサービスを全体的に「オンラインゲーミング」と呼びます。

 

その中でネットカジノは、もちろんカジノゲームがメインのインターネットギャンブルサービスですが、その他にも様々な種類のサイトがあります。

 

【ネットカジノ】

 

これがオンラインゲーミングの代表的なサービスですね。

 

カジノゲームは世界中で昔から大人気ですが、ネットカジノのゲームは、常に進化しています。

 

・スマホで24時間いつでもネットカジノが楽しめます。
・スロットゲームは常に新しいデザインやルールを加えたものがリリースされています。
・新しいルールのブラックジャックも出たりします。
・ライブゲームという実際の人間のディーラーとリアルタイムで対戦するゲームもあります。
・マルチプレイヤーという他のプレイヤーと一緒に遊べるゲームもあります。
・最近はスクラッチカードなど、簡単ゲームも充実しています。

 

【オンラインポーカー】

 

日本人が「ポーカー」と聞くと、普通は機械を相手にプレイする「ビデオポーカー」をまっ先に思いつきます。

 

しかし、実はヨーロッパや海外で「ポーカー」と言えば、プレイヤー同士で対戦するテキサスホールデムなどの対戦型ポーカーが圧倒的な人気を誇ります。

 

海外では、ポーカー専用のテレビ番組が放送され、ポーカーの専用雑誌が発行されているほどのメジャーなゲームになっていて、日本でも密かにブームになり、プレイヤー数が年々増加しています。

 

対戦型ポーカーとビデオポーカーの大きな違いが「スキル」の介入です。つまり、「運」と同じぐらい「戦略」や「経験」などがものを言うゲームなので、やればやるほど勝てるようになります。

 

そこには、様々な確立の理論に基づいた考え方や、精神的に相手を倒す心理作戦など、いくつもの要素があるのでゲームではなく「スポーツ」として世界ではとらえられています。

 

そろえないといけない「役」は日本でよくプレイされているビデオポーカーと同じなので、基本的なルールはそこまで難しくありません。

 

誰でも簡単に覚えることができます。一度勝つ快感を覚えたらやめられない!それが対戦ポーカーの魅力です。

 

国際的には大金を勝つことができるトーナメントが世界中のカジノで開催されています。

 

世界最大のトーナメント「ワールド・シリーズ・オブ・ポーカー」では、なんと優勝者に10億円以上の賞金が準備されています!

 

このような大会には、スポンサーがついたプロのプレイヤーが賞金をねらって争うほど、業界自体は盛り上がっています。

 

 

【スポーツブック】

 

スポーツブック(「ブックメーカー」や「スポーツベッティング」とも呼ばれます)とは、スポーツの試合結果に対して賭けることができるオンラインゲーミングサービスです。

 

ヨーロッパではかなり主流になっていて、店舗でベットできたり、実際の試合会場でオンラインでベットできる機械が置いてあったりします。

 

スポーツブックでは、スポーツの試合だけではなく、大統領選の結果、明日の天気など、スポーツだけではないテーマでベットすることもできます。

 

ブックメーカー総合サイト

 

【オンラインパチンコ/麻雀】

 

オンラインゲーミングの業界では、今アジアのゲームが注目を浴びています。

 

例えばパチンコや麻雀などはアジア内で大きな人気を誇るゲームなので、多くのサイトでオンラインサービスとして展開がされ始めています。

 

麻雀は実は西欧でも人気が上昇していまして、今では世界大会が行われたりしていて、オンラインでも今後はポーカーの次に盛り上がるサービスとして注目を浴びています。