ネットカジノのペイアウト率について

還元率(ペイアウト率)って ご存知でしょうか?  

 

 

ギャンブルを提供する運営会社にも その運営資金といった経費が掛かります。

 

 

経費には そこで働く従業員の人件費であったり広告費もそうです。

 

 

その為に、ギャンブルの売上げ金から この運営資金・経費を捻出しなければなりません。

 

 

その捻出したお金の取り分を ハウスエッジとか テラ銭と呼ばれており、その割合を 控除率(こうじょりつ)といいます。

 

 

控除率というのは 主催者である胴元の取り分の割合のことですね。

 

 

控除率が高ければ、胴元の取り分が多い。

 

 

つまり主催者側が有利と言われています。

 

 

この控除率に対して、 その賭けに対してどのくらいの割合で払い戻されているのかを表したものが還元率(ペイアウト率)と言っています。

 

 

(ギャンブルの売上金)100% − 控除率(%) = 還元率(%)

 

例えば1万円売り上げて8,000円払い戻した場合、還元率 (ペイアウト率)は80%となります。

 

 

この還元率(ペイアウト率)が 配当金(当せん金)として割り当てられます。

 

 

この還元率(ペイアウト率)が高ければ、ユーザーも勝てる確率が高くなります。

 

 

ギャンブルというのは必ず胴元(運営元)が儲かるように出来ています。

 

 

そしてその儲けた分を運営経費に充てています。

 

 

例えば、日本人に人気のBIGとtotoの還元率のデータをみてみましょう。

 

 

 

ビックリですよね??

 

宝くじ(BIGとtoto) は 50% しかないんですよ〜!  

 

細かく表した表が以下になります。

 

還元率(%) = 期待値 ÷ 購入単価(1口200円) ×100

 

くじ種類

期待値

1口単価(円)

還元率(%)

年末ジャンボ 70 300 23
ロト7 LOTO7 77.7 300 26
ロト6 LOTO6 65.6 200 32
ミニロト MINILOTO 58.94 200 29.4
ナンバーズ4 90 200 45
ナンバーズ3 90 200 45
totoBIG 通常開催 125.4 300 41
totoBIG 特別開催 209.1 300 69.6
BIG1000 56.5 200 28
miniBIG 50.8 200 25.4
toto 当選本数により変動 100 当選本数により変動
minitoto 41.2 1万円 41
totoGOAL3 24.4 10万円 24.4
totoGOAL2 39 1万円 39

 

極端なことを言えば1万円買った5千円分しか払い戻されないことになるのです。

 

 

そうなんです! 

 

 

宝くじ(BIGとtoto) が、なかなか当らない理由はこの還元率の低さにあったのです。

 

 

この50%のテラ銭は、取り仕切っているAPAN SPORT COUNCIL(日本スポーツ振興センター)に取り分として持って行かれます。

 

 

日本の公営(私営)ギャンブルの還元率(ペイアウト率)を見やすくした表です。

 

 

 

還元率だけで比較すると、パチンコや競馬のほうが宝くじよりも高いですね。

 

 

配当が多いネットカジノの魅力

 

では、ネットカジノの場合はどうでしょうか。

 

結論から言うと
他のギャンブルと比べると非常に配当が多いです。

 

なんと、平均ペイアウト率が97%もあります!

 

1万円賭けたとして、そのうち9,700円はプレイヤーに還元しているということです。

 

 

ということは、勝つ確率としては、ネットカジノが圧倒的に高いわけですね。

 

ゲームによっては、99%近いペイアウト率を示すものもあるのがネットカジノです。これを見てしまうと、宝くじや競馬がどれほど割に合わない、リターンが見込めないギャンブルかが分かります。

 

ネットカジノでは、店舗を持たずにネットでそのサービスを完結させることで、コストを下げて、これほどのペイアウト率を実現しています。

 

ネットカジノでは、このペイアウト率が本物であることをプレイヤーに証明するために、第三者の監査会社から検査を受けてこれをホームページで掲載しているケースも少なくありません。

 

 

ペイアウト率がネットカジノの大きな魅力と言えます。

 

このページの先頭へ戻る